戦うブログ

大学生の友達なし彼女なしの自分が友達たくさん彼女がたくさんできる予定の経過を書くブログです。

6/27白瀬百草ライブ行ってきました〜〜

6月27日に下北沢のモナレコードでの白瀬百草さんライブみてきまそたよー

 

f:id:takayukios1:20170630234435j:image

 

 

 今回の白瀬さんのライブは下北沢にあるモナレコードでおこなわれました。

 

ライブは手作りのような感じ

初めて見た井の頭公園もそうだったが、

雰囲気が手作りでやさしいのだ

 来てる人も優しいし、白瀬さんのファンも友達もめちゃくちゃやさしい

 

 

今回は白瀬さんのアートワークなどで写真を撮ってる知緋乃ちゃんの写真展も兼ねての記念ライブであった。

 

白瀬さんも天才だが、知緋乃さんもまた天才だ、ブルーハーツヒロトマーシーが組んだように、伝説には奇跡のような出会いがある。

 

知緋乃さんの撮る写真は柔らかく、優しい

 

f:id:takayukios1:20170630234944j:image

 

色が白っぽくて、ものすごく儚い感じが出てる

 

白瀬さんの喜びの中にあるかすかな悲しさの歌に知緋乃さんの写真は正確にその形を捉えている

 

f:id:takayukios1:20170630235150j:image

 ポストカード売ってたので爆買いしました

 ほんと素晴らしい、、

 

ライブのセットリストはあんまし覚えてないのですが、

ainonamiから始まって、

夫婦になって

hoshinoieだったのかな、

merだったかな、、

 

ともかく「夫婦」という新曲が今日は聞きたかった、(あと寺尾紗穂のハイビスカスティーだったのだが今回のもぐカバーでは聞けなかったので次こそは、、)

 

 

 

歌詞がとてつもなく素晴らしいんだ

しあわせはこんなに悲しくて嬉しい

 

よろこびはいつだって冷めてる 

喜びと悲しみは表裏一体で、嬉しい事が起こった時に少しだけいつかの終わりを感じてしまう、少し冷めた自分とそんな愛の儚さ

 

気持ちっていつも100%しかないわけじゃないと思っていて、遊びに行きたい気持ちとめんどくさい気持ちとか、

 

嬉しい気持ちと、でも少し悲しい時とか

 

やっぱ人間は複雑なのかな、

生きてるって楽しい!!!って思った日の夜にはもう死んじゃおうなんてこともあって、

それは嘘じゃなくて、ほんとにあることだと思う。

 

最初のところで

どうか、そのままずっと気づかないでいてね

と始まり

最後のところで

どうか、たまには気づいてね、手をつないでね

で終わる

 

どっちなんだよ!!って言わないでくださいね。

どっちの気持ちもあってその気持ちは嘘じゃないから。

自分にある二つの気持ちは異なっているけど並行して進んでいく。

 

それは、夫婦という2人の違った人間だけど、一つの繋がりになって、それそこ手をつないで歩いていく事なんだろうなと思った

 

 

と私は解釈したんですけど、人によってほんと色々解釈はあると思います、

ものすごく余白というか、白瀬さんが言ってた、自分と距離がある詩を書かれている方なので、距離があるぶん色々な捉え方があると思います、

いや僕のはトンチンカンな捉え方だと思うので、あくまで超個人的感想ですので

 

ただ夫婦という曲は名曲

 

そして、ライブはもぐカバーに入って、

 

ななちゃんという名曲の予感な未完成だった新曲をやって

 

秋頃に2枚目のepが出るかもということでした。

 

最後に死ぬまで歌はやっていくという言葉を聞いてああ、もうそんなこと言われたら最強だよと思ってしまいました。

 

とても素晴らしいライブありがとうございました。

 

f:id:takayukios1:20170702144129j:image

 

ps.ふわりと書いてもらいました

 

達筆!!! 

 

そして美味しかった

 

白いTシャツにケチャップついてて帰りの電車恥ずかしかった。